Tango Argentino


アルゼンチンタンゴについて

ブエノスアイレスアルゼンチンタンゴは1870年~1880年頃、首都ブエノスアイレスの港町ラ・ボカで生まれたとされています。その当時、船乗りや労働者、貧しい移民たちが集まる場末の酒場に、夜な夜なギターやフルート、クラリネット、バイオリンといった楽器を持った流しの楽団が集まり、歌や踊りの伴奏をしていました。演奏されていたのは海を渡ってきたハバネラやワルツやポルカ、さらにはミロンガやカンドンベといった地元の音楽。それらが渾然一体となって発生していったのがタンゴだったと言われています。当初は下層階級の音楽として軽視されていたタンゴでしたが、20世紀に入ったころから一般市民にも人気を得て広がりを見せ、高級店やホールでの演奏の機会も増えたことから、編成もバンドネオン、バイオリン、ピアノ、コントラバスが標準となっていきます。第一次世界大戦前後にはヨーロッパの社交界でももてはやされ世界的な人気を得て、コンチネンタル・タンゴといわれるヨーロッパ生まれのタンゴも盛んになりました。その後、本国アルゼンチンでは1930年前後、1950年前後の二度にわたる「黄金時代」を経て、優れた作曲家や演奏家が次々と登場し、音楽的にも洗練され円熟していきました。

アルゼンチンタンゴの魅力はなんといってもその強烈なリズム。あえて打楽器を使わずに生み出される歯切れのいいリズムは、タンゴの持つエネルギーの源泉になっています。そのリズムに絡む哀愁とロマンのただよう旋律は、遠い昔に海を渡ってきた移民たち、下町の名も無き人々の記憶なのかもしれません。

→タンゴ・グレリオのレパートリーの一部をご紹介します。


バンドネオン BANDONEON

バンドネオンアルゼンチンタンゴの象徴ともいえる楽器『バンドネオン』ですが最初からタンゴで使用されていたわけではありません。
もともと酒場の流しの音楽であったタンゴは、ギターやバイオリンなどありあわせの楽器で演奏されていましたが、やがて大きなダンスホールなどでも演奏される機会が増え、ピアノなどの音量の大きな楽器の必要性が生じてきました。そんな中20世紀初頭くらいに移民が持ち込んだ「バンドネオン」の独特の音色にタンゴ奏者が目を付けて、次第に楽団の花形楽器となっていきました。
そもそもバンドネオンは19世紀中ごろドイツ人のハインリヒ・バンドがコンサーティーナという楽器を参考に開発しました。当初は携帯用のオルガンとしてミサや村の祭りで演奏することを考えていたようです。左右合わせて71個のボタンは5オクターブもの広い音域をカバーできますが、その配列はドレミファの音階の順には並んでおらず規則性がありません。しかも蛇腹の押し引きによって同じボタンでも違う音が鳴るという複雑怪奇さ・・・このため非常に演奏困難な『悪魔の楽器』と言われていますが、重厚で哀愁を帯びたその音色と多彩な表現力は他では得がたい魅力です。
開発者自身も思いもよらなかったことでしょうが、やがてバンドネオンの奏法はタンゴの発展とともに磨き上げられ、多くの伝説的名奏者たちが新しい奏法や超絶技巧を築き上げていったのです。残念ながら現在はほとんど生産されておらず、プロが使用しているバンドネオンは50年以上前のドイツ製のものが中心で、近年は希少価値が上がっています。


ギター GUITARRA

ギターアルゼンチンは他の多くの中南米諸国と同様にスペインの植民地であった歴史から、ギターは大衆的な楽器として古くから親しまれてきました。上記のように初期のタンゴ楽団ではギターは大活躍していましたが、タンゴの演奏される場所が大型のダンスホールなどに移り、ピアノ、バンドネオン、コントラバスなどが入った楽団が主流になると、音量面がネックとなったギターは楽団から姿を消し、もっぱら歌手の伴奏などに回るようになりました。
とはいえギターの音色の持つ雰囲気や、タンゴの原点の一つとされる草原のフォルクローレ「ミロンガ」で奏でられる低音弦の独特の響き(ボルドーナ)はタンゴの音楽性に大きな影響を与えたといえるでしょう。
その後もアニバル・トロイロと組んだロベルト・グレラ、キンテート・レアルのウバルド・デ・リオなど歴史に残る名ギタリストも登場。映画『アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち』にも登場した、バンドネオン奏者オスバルド・モンテスとギタリスト、アニバル・アリアスのデュオもすばらしく、タンゴ・グレリオも大きな影響を受けています。その他にも、アストル・ピアソラがエレキギターを五重奏楽団に取り入れたり、ギターのための作品を作曲するなど、ギターがタンゴで活躍する機会は再び増えてきています。



One Response to Tango Argentino

  1. […]    それは例えばヨーロッパ由来の楽器が、 アルゼンチンタンゴを生み出した事情に似ているかもしれない。 […]