アルゼンチンタンゴについて

ブエノスアイレスアルゼンチンタンゴは1870年~1880年頃、首都ブエノスアイレスの港町ラ・ボカで生まれたとされています。その当時、船乗りや労働者、貧しい移民たちが集まる場末の酒場に、夜な夜なギターやフルート、クラリネット、バイオリンといった楽器を持った流しの楽団が集まり、歌やダンスの伴奏をしていました。
演奏されていたのは移民たちがヨーロッパから伝えたワルツやポルカ、キューバ生まれのハバネラ、ガウチョ(牧童)の音楽ミロンガや隣国ウルグアイの黒人音楽カンドンベなどなど・・・そういった様々な国々の音楽の要素が、渾然一体のごった煮のようになって発生していったのがタンゴだったと言われています。

当初は下層階級の音楽として軽視されていたタンゴでしたが、20世紀に入ったころから一般市民にも徐々に人気を得て広がりを見せ、高級店やホールでの演奏の機会も増えたことから、編成もバンドネオン、バイオリン、ピアノ、コントラバスが標準編成(オルケスタ・ティピカ)となっていきます。第一次世界大戦前後にはヨーロッパの社交界でももてはやされ世界的な人気を得て、コンチネンタル・タンゴといわれるヨーロッパ生まれのタンゴも盛んになりました。その後、本国アルゼンチンでは1930年前後と1940年代の二度にわたる「黄金時代」を経て、優れた作曲家や演奏家が次々と登場し、音楽的にも洗練され円熟していきました。

1950年代後半からはタンゴの人気に陰りが見え始め、大掛かりな楽団やダンスホールは姿を消していきますが、アストル・ピアソラをはじめとした音楽家たちが新しい形のタンゴを模索し始めました。1980年代に入るとピアソラの音楽やダンスショー『タンゴ・アルヘンティーノ』の世界的大ヒットなどもあって、アルゼンチンタンゴの再評価が始まりました。2009年にはタンゴはユネスコの世界遺産(無形文化遺産)にも登録され、アルゼンチン国外でもタンゴを愛好する人々はふたたび増加しています。

アルゼンチンタンゴの魅力はなんといってもその強烈なリズム。あえて打楽器を使わずに生み出される歯切れのいいリズムは、タンゴの持つエネルギーの源泉になっています。そのリズムに絡む哀愁とロマンのただよう旋律は、遠い昔に海を渡ってきた移民たち、下町の名も無き人々の記憶なのかもしれません。

→タンゴ・グレリオのレパートリーの一部をご紹介します。


タンゴの歴史

アルゼンチンタンゴの歴史の詳細については下記リンク先をご覧ください。


タンゴの歴史①【タンゴの始まり】
タンゴの歴史②【グアルディア・ビエハ】
タンゴの歴史③【第1次黄金時代】
タンゴの歴史④【第2次黄金時代】
タンゴの歴史⑤【低迷の時代とモダン・タンゴ】


1件のコメント

「奇珍」(石川町) | ゴールから走り出せ! ·

[…]    それは例えばヨーロッパ由来の楽器が、 アルゼンチンタンゴを生み出した事情に似ているかもしれない。 […]