タンゴの歴史③【第1次黄金時代】

フリオ・デ=カロ楽団

◆フリオ・デ=カロ楽団

1920年半ばから一世を風靡したのはフリオ・デ=カロ楽団でした。
従来の作品に大胆で華やかなアレンジを施すことで、さらなる魅力を引き出すという手法で人気を博し、「いかに優れたアレンジを作り、楽団の個性を出すか」という、その後につらなるタンゴ楽団の方向性を決定づけました。
作品としては「ティエラ・ケリーダ」「ボエド」などがよく知られています。

またフリオの兄のフランシスコ・デ=カロもロマンチックな作風の素晴らしい作品を残しています。(「黒い花」「ロカ・ボエミア」など)

このデ=カロの楽団で活躍していたバンドネオン奏者が、ペドロ・マフィアとペドロ・ラウレンスで、その高度な演奏技術は後のバンドネオンの奏法に多大な影響を与えました。ペドロ・マフィアの作品としては「ラ・マリポーサ」「ベンタロン」、ペドロ・ラウレンスは「わが愛のミロンガ」などが有名です。

◆パリのカナロ

フランシスコ・カナロ

画像:Wikipedia「フランシスコ・カナロ」より

1925年にはフランシスコ・カナロの楽団のパリ公演が大成功し、ヨーロッパでもタンゴ人気が加熱します。(この影響で生まれたのがヨーロッパ産のタンゴであるコンチネンタル・タンゴでした。)
フランシスコ・カナロは60年もの長きにわたって活躍した、まさに「タンゴの王様」。
その歯切れがよく軽快さなリズム感と、鮮やかで華麗な演奏は、「これぞタンゴ!」という王道の魅力があり、現在でも根強いファンがいます。
代表作は「ガウチョの嘆き」「黄金の心」「最後の盃」など。

この時代のブエノスアイレスの富裕化や文化水準の向上にも後押しされて、1920年代にタンゴの人気は「第一次黄金時代」ともいわれる、一つの頂点に達しました。

ちょうどこのころ日本では、パリ遊学中にタンゴの熱心な愛好家となった目賀田綱美男爵が帰国していました。目賀田男爵はフランス仕込みのタンゴを日本に紹介し、日本のタンゴの黎明期を築きました。

◆ガルデルの死

カルロス・ガルデル

画像:Wikipedia「ポル・ウナ・カベサ」より

その後、1929年の世界恐慌の影響やアメリカのジャズの流行などもあり、タンゴの人気にも少しずつ陰りが見え始めましたが、スーパースターであったカルロス・ガルデルがいまだにタンゴ界を牽引していました。

俳優としても活動していた彼は、次々と映画に出演して世界的な人気を博し、劇中で歌われた「想いの届く日」「ポル・ウナ・カベサ」「ボルベール」などの名曲の数々を世に送り出しました。

しかし1935年、演奏旅行中のガルデルはコロンビアで飛行機事故にあい急逝。
国民的英雄の突然の死に人々は悲しみに包まれ、タンゴの人気も一時的に失速していったのです。