アストル・ピアソラ

画像:Wikipedia「アストル・ピアソラ」より

アストル・ピアソラ(Astor Piazzolla)作曲。

1984年の映画「エンリコ四世」という映画のため作曲されました。バンドネオン、オーボエ、トロンボーンなどいくつかのバージョンがあります。また同じ映画で「アベマリア(Tanti Anni Prima)」も使用されています。

映画のストーリーは落馬事故で頭を打ち、自分が皇帝エンリコ四世だと思い込んで古城で暮らす男を主人公にしたもの。マルチェロ・マストロヤンニ主演、音楽をピアソラが担当という豪華なものでしたが、当時は日本未公開で、近年までなかなか映像を見ることができませんでした。
タイトルが物語るように、甘美なメロディながら、どこかはかない雰囲気のこの曲は、狂気と正気の交錯するこの映画の雰囲気にも合っています。「はたして彼は本当に記憶を失っているのか?」それは映画をご覧になって確かめてください。

ピアソラ作品の中でも人気が高いものの一つで、クラシック奏者にも好んで演奏されています。またピアソラと何度も共演している歌手ミルヴァの歌うフランス語の歌詞のついたバージョンも存在しています。

→レパートリー一覧に戻る


カテゴリー: repertorio

1件のコメント

アベマリア | タンゴ・グレリオ TANGO GRELIO ·

[…] 同じ映画で使用されている「オブリビオン(Oblivion)」も人気の高い曲です。この映画はマルチェロ・マストロヤンニ主演、音楽監督をピアソラが担当という豪華なものでしたが、当時は日本未公開で近年までなかなか映像を見ることができませんでした。落馬のショックで自分を皇帝エンリケ4世と思い込んでしまった男を主人公にした、正気と狂気が交差するような奇妙な物語は、ピアソラの音楽とも不思議と調和しています。 […]

コメントは受け付けていません。