Aníbal Troilo

画像:Wikipedia「Aníbal Troilo」より

1950年、アニバル・トロイロ(Anibal Troilo)作曲。
軽快な2拍子のミロンガのリズムで、場末の喧噪を思わせるにぎやかで楽しい曲。トロイロのミロンガの中でももっとも人気のある作品です。
タイトルの正確な意味は不明ですが、「罠にかけるもの」または「嘘つき女」というような意味に取ることができます。

※CD「EPOCA PIAZZOLLANA~ピアソラの時代」収録曲

→レパートリー一覧に戻る