画像:Wikipedia「El tango en Broadway」より

1934年、カルロス・ガルデル(Carlos Gardel)作曲、アルフレド・レペラ(Alfredo Le Pera)作詞。
タンゴ歌謡のスターであったガルデルはアルゼンチンのみならず南米諸国や欧米で高い人気を誇り、歌手のみならず映画俳優としても活躍しました。

この「孤独」も1934年のパラマウント映画『El tango en Broadway(ブロードウェイのタンゴ)』の挿入歌で恋人と別れた孤独を歌い上げた作品で、ガルデルらしいシンプルで美しいメロディが愛されており、歌だけではなくインストルメンタルでもたびたび演奏されています。

※タンゴ・グレリオではバンドネオンとバイオリンによるデュオで演奏しています。

→レパートリー一覧に戻る


カテゴリー: repertorio

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です