1929年、アンセルモ・アイエタ(Anselmo Aieta)作曲のワルツ。もともとは歌曲でしたが、アニバル・トロイロらがバンドネオン独奏としてとりあげるようになり、現在は歌無しで演奏される機会が多くなりました。もともとは「白い小鳩よ、もし彼女にあったとしても、僕が泣いていたなんて言わないでおくれ」などと甘い歌詞で、この曲のメロディのロマンチックな雰囲気もそれをよく表現しています。

→レパートリー一覧に戻る