ペドロ・マフィア

画像:Wikipedia「Pedro Maffia」より

1932年、ペドロ・マフィア(Pedro Maffia)作曲、エクトル・スタフォラーニ(Hector Staffolani)作詞。
ペドロ・マフィアは高度なバンドネオン奏法をあみだし、その後のバンドネオンの技術の発展に大きな影響を与えた人物です。
この作品はコロン劇場で行われた「タンゴの祭典」で優勝したときの作品で、Ventarrón(強風)とは歌詞に出てくるならず者の通り名。
・・・ベンタロンは色男で腕っ節も強かったが、やがて夢破れて落ちぶれてしまう。時が流れて場末に戻ってきたが、もはや彼の昔の名声を知るものはいない・・・という苦い内容です。

→レパートリー一覧に戻る