repertorio

Taconeando(タコネアンド)

ペドロ・マフィア

画像:Wikipedia「Pedro Maffia」より

1930年、ペドロ・マフィア(Pedro Maffia)作曲。カーニバルのダンスパーティーで初演されて大ヒットしました。
"tacón"とは靴のかかとやヒールを指すスペイン語ですが、これを動名詞化した"Taconeando"は「靴音を響かせる」という意味になり、昔風の荒っぽいダンスの雰囲気を表しています。そのタイトルの通り小気味よいリズムの粋な作品です。

作曲者のマフィアはフリオ・デカロ楽団に在籍したのち、自らの楽団を立ち上げ活躍した名バンドネオン奏者。現代に通じる高度なバンドネオン奏法を確立し、彼の書いたバンドネオン教本は現在でも広く知られています。

タンゴ・グレリオはアルゼンチンのギタリスト、ミルタ・アルバレスのアレンジで演奏しています。

→レパートリー一覧に戻る

-repertorio

© 2020 タンゴ・グレリオ TANGO GRELIO