アストル・ピアソラ

画像:Wikipedia「アストル・ピアソラ」より

1974年、アストル・ピアソラ(Astor PIazzolla)作曲。
アルゼンチンに嫌気がさし、体調不良とスランプに苦しんでいたピアソラが新天地イタリアに渡って生み出した作品で、Libertad「自由」とTango「タンゴ」の合成語であることも示すように、従来のタンゴの枠を打ち破った自由な形式で書かれています。 五重奏団での演奏のイメージが強いですが、当初はドラムやシンセサイザーなども入った、より実験的な作品でした。日本でもヨーヨー・マの演奏によるサントリーのCMのインパクトもあってか多くの人に知られる人気曲になり、かえってタンゴの代表曲のように思われている節があります。

→レパートリー一覧に戻る