アストル・ピアソラ

画像:Wikipedia「アストル・ピアソラ」より

1974年、アストル・ピアソラ(Astor PIazzolla)作曲。
保守的な当時のアルゼンチンの雰囲気に嫌気がさし、体調不良とスランプに苦しんでいたピアソラが、新天地イタリアに渡って生み出した作品で。
Libertad「自由」とTango「タンゴ」の合成語であることも示すように、従来のタンゴの形式を打ち破り、ロックを意識したようなシンプルで自由な形式で書かれています。
ピアソラといえば五重奏団での演奏のイメージが強いですが、当初のリベルタンゴはドラムやシンセサイザーなども入った、より実験的な作品でした。
日本でもヨーヨー・マの演奏によるサントリーのCMのインパクトもあってか多くの人に知られる人気曲になり、かえってタンゴの代表曲のように思われている節があります。

→レパートリー一覧に戻る


カテゴリー: repertorio