Live information

Romance del Diablo(悪魔のロマンス)

1965年にリリースされたアルバム『ニューヨークのアストル・ピアソラ』に収録された作品。
このアルバムには「悪魔のタンゴ」「悪魔のロマンス」「悪魔をやっつけろ」の3曲の悪魔シリーズが天使シリーズと対比するように収録されています。
実はピアソラが自作品のみのアルバムを発表したのは、これが初めてのこと。
それまでは様々なタンゴの編曲作品を取り混ぜての構成でしたが、このアルバム以降はオリジナル作品に主軸を置くようになります。ピアソラのターニングポイントとなった重要なアルバムと言えるでしょう。

この「悪魔のロマンス」は恐ろし気なタイトルとは裏腹にピアソラの作品の中でも屈指の狂おしいほど甘美な旋律。
時おり挟まれるバイオリンのトレモロがやや悪魔的(?)な不穏さを感じさせますが、終始流れるロマンチックで美しい旋律がピアソラのメロディメーカーとしての一面を感じさせえます。
ピアソラの作品でこれほど「甘美さ」を前面に押し出すのはかえって珍しいですが、「悪魔は反逆者だからこそ生粋のロマンチストなのだろう」とピアソラは考えていたのかもしれません。

※この作品は特別編成の五重奏でピアソラの原曲に近い形で演奏します。

→レパートリー一覧に戻る

 

-Live information

© 2021 タンゴ・グレリオ TANGO GRELIO