ファン・カルロス・コビアン

画像:Wikipedia「ファン・カルロス・コビアン」より

1922年、フアン・カルロス・コビアン(Juan Carlos Cobián)作曲。

Los mareados とは「酔いどれたち」というような意味で、これでもずいぶんインパクトがありますが、当初は「Los dopados(麻薬中毒者たち)」という、さらにアブないタイトルで発表されました。大衆向けミュージカル劇のために書かれており、麻薬中毒のキャバレーの女に歌いかけるという内容です。

残念ながら当初はタイトルが悪かったのか、あまり評判にならず、1940年代にアニバル・トロイロ楽団が現在のタイトルで歌詞も書きかえて取り上げてからヒットしました。(コビアンや劇の関係者はおもしろくなかったようですが・・・)

現在はインストルメンタルで演奏されることが多く、様々なアレンジで愛奏されているアルゼンチンタンゴ屈指の名曲の一つです。

タンゴ・グレリオ1stアルバム『DESDE EL ALMA~心の底から』収録曲。

→レパートリー一覧に戻る